坂戸市の整体カイロプラクティックオフィスアイダのホームページです。 イップス、書痙、ジストニア、パニック障害、ストレス、自律神経障害など

【書痙の治療】人前で字が書けない

【書痙の治療】人前で字が書けない

【書痙の治療】人前で字が書けない


書痙の治療の経過報告です。


以前、こちらのブログで紹介した秋田県から書痙の治療で来院されている患者さんが昨日5回目の治療を終えました。

前回の治療はこちらからどうぞ

↓↓↓

今回の患者さんは、人前で書こうとすると手が震えて字にならないというタイプの症状でした。


前回までの治療では、


「上手く書かなくてはいけない」


という感情が脳と神経系の働きに誤作動を起こしていることがわかったので、それを心身条件反射療法で誤作動のスイッチが入らないように調整しました。

心身条件反射療法(ニューロパターンセラピー)の詳しい説明はこちらからどうぞ。
↓↓↓
心身条件反射療法(ニューロパターンセラピー)

心身条件反射療法


3回目の治療



3回目の来院時にお話を聞くと、ホテルで記帳をする機会があったが、「以前に比べてだいぶ書けた」ということでした。


多少力が入るのとの震えがあったというので、それに影響している問題を検査していくと、


「嫌悪」


という感情が体に影響している事がわかりました。


何に対しての「嫌悪」なのか、さらに詳しく検査していくと、


「自分の字」に対する感情でした。


話を聞くと、もともと自分の字が好きではなくて、症状の出る前から筆ペンや字の練習をしていたということでした。


自分の字に対してさらに検査をしていくと、


「上手く書かないといけない」


「字が汚いと思われたくない」


という「信念」が隠れていて、「周に対して見栄をはる自分」の存在がいる事に気づかれました。


それが脳と神経の誤作動に影響していたので、影響しないように調整し3回目の治療を終えました。

4回目の治療



前回の治療後、葬儀に参列した際に記帳する場面がありそこで震えの症状が出たとのことでした。


前回のホテルでの記帳では書けたのに、今回は震えが起きました。


症状が出たり出なかったりするということは、出る時と出ない時では必ず何か違いがあり、そこに改善のヒントが隠れているので、その場面で何が誤作動のスイッチを入れたのかを検査していきました。


すると、


「後ろに人が並んでいる状況」


に反応していました。


そこには「焦り」という感情が繋がっていたので、その感情が身体に影響しないよう調整しました。

5回目の治療



前回治療後ホテルでの記帳の場面があったが、ほとんど症状が出ることなく書くことができた、という報告をいただきました。


人前で書くときの焦りがなくなってきて、落ち着いた状態で書けたとのことでした。


1対1での場面では、症状が出なくなってきているので、次に大勢の前で書く場面で検査を行うと、まだ誤作動の反応が出ます。


そこで、大勢の人の前で書く場面を検査していくと、


「恥辱」


という感情が関係していました。


何かその感情で思い当たることを聞いてみると、以前に知人の大きなパーティーに出席した際、大勢の人の前で字を書く場面があり、そこで震えの症状が出て全く字にならなくて書けずに恥ずかしい思いをした。


という経験が繋がっていました。


過去に苦痛な体験をしたことを脳が学習して無意識に緊張が起こる、いわゆるトラウマと呼ばれるものでした。


そのトラウマの場面と体が合っていないので、合わせるように調整をしてみると、なかなか誤作動の反応が切り替わってくれませんでした。


そこで、「恥辱」という感情がなぜ身体に影響しているのかをさらに詳しく検査していくと、


自分の字に対する感情ではなく、焦っている自分を見られることが恥ずかしいという感情が隠れていました。


過去の体験や記憶を変えることはできませんが、それが脳・神経系の誤作動に影響しないようにスイッチを切り替えることはできますので、その影響していた部分を心身条件反射療法で切り替えました。


これまでの5回の治療で症状の背後に隠れている問題が徐々に明らかになってきて、その誤作動が切り替わると共に症状にも変化が出てきているようです。


埼玉と秋田なのでなかなか通える距離ではないですが、今後も症状の経過をみながら継続して治療の報告ができればと思います。

【書痙の治療】人前で字が書けない


秋田県のお土産をいただきました。
唐土庵の「桜ほろほろ」というお菓子です。

ありがとうございます。



今回の患者さんは人前でのみ、手に力が入って震えが起こるという症状で、比較的順調に改善をしている印象です。


症状の背後に隠れている問題は人それぞれなので、その深さや大きさ、症状の程度によって改善までの期間にも大きく個人差があります。


今回の患者さんのように比較的順調に改善されるケースもあれば、なかなか変化がなく時間をかけて徐々に変化を感じるケースもあります。


今はインターネットや本などから様々な情報を手に入れる事ができます。


調べてみると、書痙の治療法は薬物療法、手術、民間療法など色々とありますが、どの治療も絶対はありませんので、あなたに合った治療を選択されて納得したものを受けられることが一番だと思います。


その中にこのような治療法があるということも選択肢に加えていただければと思います。



その他の書痙の治療
[check]【書痙の治療】・・・40代女性


【書痙(字が書けない)治療の検索をされてこのページをご覧のあなたへ】

書痙のような症状はまだまだ世間での認知度が低く「気持ちの問題」「ただの疲れ」「気合が足りない」といった思われ方や、なかには仮病のように嘘をついているかのような思われ方をすることもあります。


しかし、効果的な治療法やその治療を受けられる場所が少ないのが事実です。


そういった事から、人にはあまり相談できずに、一人で悩みを抱えて症状と闘いながら辛い思いをしている方が多くいらっしゃいます。


あなたも同じように悩んでいませんか?


書痙は脳と神経の働きに誤作動が起きている事が問題ですので、それを気持ちや、気合でどうにかしようとしても心と身体がバラバラになり、ますます悪循環になってしまうだけで改善は遠くなってしまいます。


当オフィスではその脳・神経系の誤作動を正しい働きに切り替えるお手伝いをしています。


字が下手なのは練習すれば上手になるのと同じで、書痙も個人差はありますが適切な治療を行えば治る症状です。


このページをご覧になった一人でも多くの方が、今の悩みから解放され快適な生活が送れることを願っています。


そのために、こんな治療法もあるということを知っていただくきっかけになればと思い、当オフィスでの症例を報告させていただいていますので、何か気になる事や質問などありましたらお気軽にご相談ください。


あなたがまた再び毎日を楽しく過ごせるようなお手伝いができたら幸いです。

カイロプラクティックオフィスアイダ

会田成臣


症状・治療法など気になることは、
こちらの無料メール相談からお気軽にどうぞ!

↓↓↓

ご予約はこちら!

カイロプラクティックオフィスアイダ

コメント


認証コード8888

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional