「股関節痛の原因は・・・」

illust4230.png



股関節の痛みを訴えて初めて来院された患者さんです。

症状は右の股関節~大腿部~膝蓋骨下部の痛みで、10数年前から同様の症状を抱えていて主に運動後に症状が出ることが多かったそうです。

しかし、最近一ヶ月は歩行するだけでも痛みがある状態で日常生活にも支障があるため受診されました。


最初に右の股関節に関係している大きな筋肉を対象に検査したところ、中臀筋、大腿筋膜張筋、大腿四頭筋、股関節屈筋群に筋力の弱化がみられました。

しかし筋力が弱化してた自覚はなしです。

それらの筋肉の緊張から関節可動域にもかなりの制限がかかっていて、股関節の外旋、内旋、屈曲時に痛みを伴う運動制限があり、健側と比べるとその違いは明らかな状態。


治療は初回だったのでアクティベータメソッドのみでの治療を行いました。

初回としては特に変わった治療は行わず、シンプルにパチパチとしただけでしたが、治療後には可動域に改善が見られ自覚症状も軽減してしるようでした。


筋肉の緊張と関節の運動制限が強いので、継続して数回の治療が必要になるかと思いますが、よい結果が出るよう治療していこうと思います。


以前に整形外科でのレントゲン検査を受けられたそうですが結果は、股関節の間が狭くなっているという診断でした。

治療は電気か何かをあてて湿布だけの治療とのことで改善がなく、整形外科では改善が期待できない為、カイロプラクティックの治療を受診されたとのことでした。


今回カイロの治療は初めてとのことだったので、治療の前に現在の痛みの原因についての説明をさせていただき、神経系に対するアプローチを行う治療であるという事を伝え治療を行いました。


患者さんは自分の痛みや症状について不安や恐怖が少なからずあります。

正しい情報と安心を提供することが、とても大切だと考えます。

私たちのやるべきことはただ治すだけではなく、それらの情報を誤解なく伝えることが大切だと毎回感じさせられます。
コツコツやれば必ず変わると信じています。





アクセスマップ


縮尺が大きいとピンの位置がズレることがあります。
地図を拡大してから正確な場所をご確認ください。




症状・治療法など気になることは、
こちらの無料メール相談からお気軽にどうぞ!

↓↓↓

ご予約はこちらから!

コメント


認証コード8396

コメントは管理者の承認後に表示されます。