「全身のかゆみと湿疹。子育てストレスが原因!?」

治療前

治療前 治療前

↓↓↓


治療後

治療後 治療後

患者:
30代前半 女性(主婦)

症状:
顔や手足など、全身に激しいかゆみを伴う突発的な湿疹。
専門医を受診するが特定のアレルギーはなく、塗り薬にて治療も症状に変化はなし。

効果が高いと言われた飲み薬は授乳中の為服用できず、発症の翌日に当オフィスに来院。


治療:
かゆみや湿疹は、ヒスタミンが皮膚に影響することで生じる。

ヒスタミンは、皮膚周辺の細胞内にある肥満細胞から分泌され、免疫機能が体に害になると判断した場合に、IgE抗体が肥満細胞と反応することで分泌している。

それらをコントロールしているのが脳・自律神経系になる。


以前に当オフィスでの治療経験があったので、今回は自律神経系の誤作動を正常に切り替える目的で、初回からPCRTで治療を行った。


言語神経反射にて症状に繋がる緊張パターンを検査していくと、
視覚→場面→車の運転。「恥辱」というキーワードに緊張反応があった。

話を聞くとバックで駐車する場面が影響していて、うまくできないことに対して恥ずかしいという感情があった。


さらに検査を進めていくと、
「所有」→「怒り」
「怒り」→「不信」
視覚→人→家族→「閉塞」→「期待」→「不信」
といった、複数の感情的なストレスが影響していた。

「怒り」から「不信」に繋がりやすい傾向があることがわかった。


翌日、2回目の治療を行う。
湿疹と腫れは多少治まっていたが、まだかゆみはあるとのこと。

引き続きPCRTで治療をしていくと、
視覚→物→家→リビング→机→本。「信念」という感情で反応がある。

本は離乳食の本で、自分が感じている事や考え方と本に書いてある事が違っていて、何を信用していいかわからなくなっていることにストレスを感じていた。

それらを切り替えると、症状に対する反応が取れたので、翌日の経過を聞いたところ朝起きたら湿疹もかゆみもすかっりなくなっていたとのこと。


その後は経過をみながら、アクティベータメソッドも使用しメンテナンスの治療を行った。
症状の再発もなく、経過は良好とのこと。


今は様々な情報が簡単に手に入る世の中だが、それが全て正しい情報だとは限らない。

しかし、テレビや本、インターネットなどで紹介されている情報はなんとなく信用してしまう傾向にある。

その情報が正しいか間違っているかは別問題としても、それら一般的に認知されている情報と、自分の経験的な学習や感覚的に感じているものに違いがあると、どちらを信じていいかわからなくなったり、自分の信念を曲げて一般的な情報に従うと、そのことがストレスになり自律神経にスイッチを入れてしまうことに繋がる。


脳・自律神経系の誤作動による免疫機能の異常が心理的問題やストレスによって引き起こされることはわかってはいても、目に見えない問題である為、通常の治療では検査や原因の特定が難しい場合がある。

また、一般的にはまだ認知度の低い治療法であるため、患者さんとの信頼関係がなければ継続した治療を進めるのは難しいかもしれない。

しかし、臨床で結果が出ていることも事実である。

様々な治療法がある中で、患者さんが気軽にこういった治療を選択できるような環境を整えることが必要である。

その為に今の自分にできることは何か考え実践していこうと思う。





アクセスマップ


縮尺が大きいとピンの位置がズレることがあります。
地図を拡大してから正確な場所をご確認ください。




症状・治療法など気になることは、
こちらの無料メール相談からお気軽にどうぞ!

↓↓↓

ご予約はこちらから!

コメント


認証コード8986

コメントは管理者の承認後に表示されます。