「めまい・耳鳴りの患者さん」

illust2809.png



耳鳴りとめまいの症状で来院されている薬剤師さん。
今週で7回目の治療でした。

4~5回目の治療で症状が無くなり始め、今回の検査では反応がでませんでした。
自覚的にもほとんど気にならなくなったそうでよかったです。


病院ではレントゲンを撮ってストレートネックが原因していると言われたそうです。
しかし、今回はストレートネックを元に戻すための治療をしたわけではありません。

原因は色々ありましたがストレートネックや耳自体の問題ではありませんでした。


耳鳴りの他にもまだ治したい症状があるとのことなので、今回からそちらの症状を診ました。

どちらも原因はストレスによる自律神経の誤作動によるものでした。


仕事柄、毎日いろんな症状のある患者さんと接しています。
患者さんに早く良くなってほしいと思う反面、自分は病気はしたくないと思う気持ちがあります。
病気になったらどうしようという気持ちがあります。


病気と闘わなければ、病気から逃げなくては・・・
健康を取り戻すために闘うか逃げるか、どちらかを選ばなければいけませんが、どちらも交感神経にスイッチが入って身体が緊張します。

そんな緊張状態が続けば身体に影響が出てきてしまいます。
今回の治療で、闘うと逃げる以外の選択肢を見つけることができました。
緊張しなくてもいい道が見つかりました。


身体や薬、病気の知識など様々な事を勉強しているのでたくさんの知識があります。

しかし知識があると、身体の事、病気の事、知らなければ気にならないことまで気になってきます。

健康に対する不安感がストレスになっていました。


治療の最後にバカは風邪をひかないという話になりました。
本当にそうかもしれないですねと二人で笑ってしまいました。


知識は大切ですが、せっかく勉強したことが身体に影響してしまってはもったいないですから、そんな時はほどほどにバカになって笑うといいかもしれませんね(^^)笑

元気なお年寄りは大抵よくしゃべって笑っています!
まだ症状が取りきれたわけではないので治療は継続していきますが、今回も患者さんから勉強させてもらいました。





アクセスマップ


縮尺が大きいとピンの位置がズレることがあります。
地図を拡大してから正確な場所をご確認ください。




症状・治療法など気になることは、
こちらの無料メール相談からお気軽にどうぞ!

↓↓↓

ご予約はこちらから!

コメント


認証コード2219

コメントは管理者の承認後に表示されます。