坂戸市の整体カイロプラクティックオフィスアイダのホームページです。 イップス、書痙、ジストニア、パニック障害、ストレス、自律神経障害など

【顎関節症】

顎関節症

顎関節症

一般に、顎運動障害、顎関節痛や関節雑音が単独もしくは複数合併して発現する(これを顎関節症の主要3症状と呼ぶ)。痛みは主に顎運動時に生じる。

原因

異常な開閉口運動や、顎に加わる異常外力、補綴物異常など多様な原因による咬合異常や筋緊張に起因するといわれている。
大きく開口するあくび、笑いといった常日頃の何気ない動作や、歌唱、寝違え、頬杖など生活習慣や、仕事の変化と肉体的心理的ストレスの相乗作用によって起こるとされる。

治療

主に筋緊張によって症状が出る事が多く、その場合はアクティベータ・メソッドにて筋肉のバランスを調整していきます。

た、心理的なストレスが自律神経に影響し症状に繋がる事もあるので、心身条件反射療法にて身体に影響しているストレスを見つけ、身体と適応させるよう治療を行います。

症状・治療法など気になることは、
こちらの無料メール相談からお気軽にどうぞ!

↓↓↓

ご予約はこちらから!

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional