坂戸市の整体カイロプラクティックオフィスアイダのホームページです。 イップス、書痙、ジストニア、パニック障害、ストレス、自律神経障害など

【頭痛】

頭痛

頭痛

頭痛は大きくいくつかのカテゴリーに分類されます。

一つが、脳や体に異常がないのに繰り返し起こる頭痛で、これを「一次性頭痛」、「良性頭痛」あるいは「機能性頭痛」といいます。


このタイプの頭痛は、頭に痛みがあっても、基本的に命に差し支えることはありません。私たちになじみの深い片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛などがその代表的な例です。


もう一つが、脳や体の疾病、すなわち脳腫瘍などの脳の占拠性病変、くも膜下出血、髄膜炎、急性緑内障などに起因して起こる頭痛で、こちらは「 二次性頭痛」、「悪性頭痛」あるいは「症候性頭痛」といいます。

この中の脳腫瘍やくも膜下出血などは「生命に関わる危険な頭痛」と言えます。


当オフィスの治療対象となっているのは偏頭痛や緊張型頭痛といった一次性の頭痛です。

原因

血管が原因の頭痛

血管からおこる頭痛の代表に片頭痛と群発頭痛があります。

例えば、片頭痛は頭の血管が拡張して痛む頭痛といわれています。
しかし、ただ血管が拡張しただけでは頭痛は起こりません。拡張した血管のまわりに脹れ(炎症)を伴った時に、まわりの神経を刺激して痛みが強くなると言われています。

筋肉が原因の頭痛

筋肉が原因の頭痛の代表的な例は緊張型頭痛です。

頭や首のまわりの筋肉のコリや精神の緊張から起こる頭痛ですが、頭が締め付けられるような、重苦しいタイプの頭痛です。

治療

筋肉の緊張や自律神経の異常を正常に切り替える治療を行います。

筋肉などの身体の緊張にはアクティベータ・メソッド

ストレスやエネルギー的な乱れによる自律神経の異常には心身条件反射療法を使用します。

症状・治療法など気になることは、
こちらの無料メール相談からお気軽にどうぞ!

↓↓↓

ご予約はこちらから!

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional