坂戸市の整体カイロプラクティックオフィスアイダのホームページです。 肩こり、腰痛、頭痛、関節痛、ストレス、自律神経障害など

【めまい】

めまい

めまい

めまいの症状は主に3種類に分類できます

回転性めまい

自分の身体または大地があたかも回転しているかのような感覚。激しい嘔気を感じることがあり、体のバランスを失って倒れることもある。三半規管、前庭神経、脳幹の異常など前庭神経核より末梢の障害で生じる。大抵は耳の障害で生じる。

浮動性めまい

よろめくような、非回転性のふらつき感。回転性めまいの回復期や脳幹、小脳の異常、高血圧などで生じる。大抵は中枢神経や高血圧で生じる。

立ちくらみ

血の気が引き、意識の遠くなる感覚。実際に失神に至ることもある。起立性低血圧の代表的な症状であるほか、アダムス・ストークス発作, 血管迷走神経反射、器質的心疾患・大血管疾患でもみられ、血圧の変動に関係する。


問診によって上記3つに眩暈を分類することで原因をある程度絞り込むみます。眩暈を起こす原因疾患は大雑把には神経系、循環器系、全身性の3つがあり、回転性めまいでは神経系に原因があり、失神では循環器系、浮遊感ではその両方の可能性がある。


また薬の副作用などで生じる場合には全身性があり、多くは神経系の問題が考えられます。

原因

目が回る、身体がフラつくめまいの原因は身体の平衡感覚がバランスを崩すためとされています。

平衡感覚は目の働きで保たれているものと思われがちですが、視覚で位置を確認し、三半規管や耳石器と呼ばれる耳の器官で重力に対して身体が正しい位置にあるか確認し、 手足の筋肉と関節が状況に合わせて動きます。


そしてこれらの情報が脳幹部の前庭神経を通って小脳、大脳でまとめられて神経に伝えられる事で身体のバランスは保たれるのです。


そのためこの経路のどの部分で異常が発生してもめまいが生じるというわけです。つまり脳からの情報の伝達が上手く伝わらずに身体が混乱した状態で起こります。


さらに脳幹部は自律神経や内分泌系の中枢の近くにある器官なので自律神経失調症や内分泌系の異常にも関与しています。


また脳幹部はストレスの中枢の近くにある器官でもあります。つまり、ストレス状態が続くと自律神経のバランスが崩れてめまいが起こります。

このストレスが原因で症状が起きる人が現在増加傾向にあり、10人1人は症状があるとのデータもあり、まさに現代病なのです。

治療

一般的に、めまいは自律神経のバランスの乱れが悪くなることによって起こるといわれています。逆をいえば自律神経のバランスが整えば、不快な症状は収まります。


そのために、自律神経のバランスを整え筋肉や血管の緊張を解く方法としてアクティベータ・メソッドにて施術を行います。


また、ストレスや心理的な問題が自律神経に影響している場合は心身条件反射療法にて、身体に影響しているストレスを見つけだし身体に影響しないよう治療します。


薬はあくまでもめまいの症状を抑えるだけのものですから、病気を完治させることは難しくこのような神経系のバランスを整える治療法が有効となります。

症状・治療法など気になることは、
こちらの無料メール相談からお気軽にどうぞ!

↓↓↓

ご予約はこちらから!

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional